Ⅳ 島しょ畜産の振興と種畜増殖 1 飼料作物の栽培技術 (1)ハチジョウススキの生産性に関する研究

Ⅳ 島しょ畜産の振興と種畜増殖 1 飼料作物の栽培技術 (1)ハチジョウススキの生産性に関する研究

県名東京都
研究機関名東京都
課題種別試験研究課題
研究期間完H26-29
年度2017
概要目的:牛飼料として利用されるハチジョウススキを鎌(慣行)または刈り払い機を用いて収穫し,それぞれの収穫時間や長期的な収穫量(生草重量)を明らかにする。また,購入飼料コストを含めた試算を行い,島しょにおける効率的な飼料生産のための基礎資料とする。
成果:ハチジョウススキの収穫は,収量向上や刈り取り時間削減を目的に,手刈りおよび機械刈りの両手法を用いることができる。両手法のコスト差は1時間あたり875円で,収量およびコスト重視の場合は手刈り,時間重視の場合は機械刈りが適する。牛の飼養頭数やハチジョウススキの植え付け数,気候による年間の増減収などを勘案した上で,適した刈り取り方法を選択することが重要である。        
研究分担東京都小笠原亜熱帯農業センター
予算区分都単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat