畜産経営の高度化と安定化を促進するための技術開発 Ⅰ 県産畜産物の安定生産を実現するための技術開発 1 県産畜産物の安定生産技術の開発 (2) 香料添加による子豚飼料の嗜好性改善および豚の生産性向上に関する研究 ア 母豚飼料に添加した香料が子豚の嗜好性に与える影響に関する研究

畜産経営の高度化と安定化を促進するための技術開発 Ⅰ 県産畜産物の安定生産を実現するための技術開発 1 県産畜産物の安定生産技術の開発 (2) 香料添加による子豚飼料の嗜好性改善および豚の生産性向上に関する研究 ア 母豚飼料に添加した香料が子豚の嗜好性に与える影響に関する研究

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~29
年度2017
概要目的:離乳期飼料に香料を添加することで嗜好性を高め、離乳期の摂取量の低下を予防することで生産性を向上させる技術を確立する。母豚飼料へ香料添加により、母乳への香り成分の移行と、同じ香料を子豚飼料へ添加した際の子豚の摂取量への影響を調査する。
成果:母豚飼料へ香料(オレガノ、レモングラス、シナモン、クローブ)を添加したが、母乳への香り成分の移行は確認できなかった。また、母豚飼料に香料を添加しなかった場合でも、オレガノ、レモングラスでは子豚の飼料摂取量、増体重量は高くなる傾向が認められたが、母豚飼料に香料を添加することでその傾向はより顕著になった。
研究分担企画指導部・企画研究課
予算区分受託
(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247822
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat