ブナ林再生手法の改良

ブナ林再生手法の改良

県名神奈川県
研究機関名神奈川県自然環境保全センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19~
年度2017
概要 丹沢山地の冷温帯上部の自然林(標高約1300m以上)ではブナ等の樹木が広域に立ち枯れており、その要因としてオゾンによる光合成障害、水分ストレス、ブナハバチの過度の摂食などがあげられている。また、林内の下層植生はシカの強い採食影響もあって、稚幼樹の更新が阻害されている。
ブナ帯の森林再生の実証試験を行うとともに、ブナ枯れ跡地の衰退リスクの実情と各種再生技術を統合したブナ林再生優先地マップを作成し、再生方法と再生技術を確立し、健全なブナ林生態系の保護と衰退したブナ林生態系の修復を目指す。
研究分担研究連携課
予算区分県単
業績(1)Effects of 10 years of fencing under a gap and closed canopy on the regeneration of tree seedlings in an old-growth Japanese fir (Abies firma) forest overbrowsed by sika deer.
(2)丹沢のシカ総合管理
(3)丹沢山地のブナ林の衰退と再生に関する一連の研究
(平成30年度日本森林学会賞受賞業績要旨)

(4)丹沢ブナ林再生指針
(5)ブナ林生態系の再生技術の改良(丹沢ブナ林再生指針の作成)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat