環境保全型農業における病害虫防除技術の確立 2 施設トマト・キュウリにおける主要病害の物理的防除技術の確立 (1)トマト残さ処理併用による土壌還元消毒 1)トマト茎葉残さ鋤き込みによる土壌還元消毒のトマト萎凋病防除効果

環境保全型農業における病害虫防除技術の確立 2 施設トマト・キュウリにおける主要病害の物理的防除技術の確立 (1)トマト残さ処理併用による土壌還元消毒 1)トマト茎葉残さ鋤き込みによる土壌還元消毒のトマト萎凋病防除効果

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間H27~29
年度2017
概要トマト萎凋病菌汚染土壌を埋設してトマト茎葉残さ鋤き込みによる土壌還元消毒を行い、トマト萎凋病菌(Fusarium oxysporum)選択培地であるFO-G1培地を用いて菌密度調査を行った結果、土壌還元消毒実施後にトマト萎凋病菌のコロニーは検出されず、太陽熱消毒及び米ぬか鋤き込みによる土壌還元消毒と同等の防除効果が認められた。
研究分担作物病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030247964
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat