ブドウ優良品種選抜と栽培技術の確立 2 ブドウ「シャインマスカット」の出荷期間延長技術の開発 (4)加温栽培ブドウ「シャインマスカット」の高品質安定生産技術の開発(H29新規課題予備試験

ブドウ優良品種選抜と栽培技術の確立 2 ブドウ「シャインマスカット」の出荷期間延長技術の開発 (4)加温栽培ブドウ「シャインマスカット」の高品質安定生産技術の開発(H29新規課題予備試験

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間
継H28~30
年度2017
概要 総理研のプレプレ予算により温湯灌水機(試作機)をハウス3に設置し、生育、果実品質を調査した。温湯灌水処理により、萌芽は1日、展葉は2日程度早まり、初期生育は良好な傾向が認められた。果実品質は、果粒重が約1g肥大促進されたものの、糖度はほとんど変わらなかった。未熟果粒の発生は全体的に多くないものの、処理によりやや減少した。また、新梢径がやや太くなった。ただし、台木によって反応性が異なることもあり、試験の年次反復が必要である。
 台木の差はあまり大きくない結果ではあったが、St.G、イブリフランでやや品質が高かった。また、1202、101-14はかなり新梢径が細く、樹勢も弱かった。
 現地圃場の結果について、昨年、未熟果粒混入症が多発した園は、湿度が他園と比較して高い傾向があったので、灌水量を半減するよう指導した。その結果、すべての園で未熟果粒混入症が大幅に減少し、併せて高糖度化、果粒肥大促進が認められた。
研究分担生食ブドウ栽培科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat