ブドウのクワコナカイガラムシ防除の効率化 1 発生生態の解明 (2)ふ化幼虫の発生消長の推測

ブドウのクワコナカイガラムシ防除の効率化 1 発生生態の解明 (2)ふ化幼虫の発生消長の推測

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要 越冬世代幼虫の発生消長を把握できた。場内Cゾーンの百葉箱内にて調査したが、初誘殺は5/3~8のあいだであった。なお、今年のふ化ピークは5/12前後と見られた。詳細なデータ解析を実施し、(1)の結果と照らしあわせ、積算温度との関連を数値化した。
研究分担病害虫科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248105
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat