森林公園や別荘地における保健休養機能の向上に資する森林整備に関する研究  

森林公園や別荘地における保健休養機能の向上に資する森林整備に関する研究  

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H27-29
年度2017
概要 県内に点在し、多くの利用者がある森林公園や別荘地では、森林空間の安全性の確保、保健休養機能を十分に発揮する管理が求められている。そこで、既存研究や他の施設での管理、また利用者の好ましさや満足度などを把握することにより、保健休養機能の向上に資する森林整備に関するガイドラインの素案を作成することを目的として本研究を実施する。
研究分担環境保全科
予算区分県単
業績(1)カラマツが植栽されている別荘地におけるカラマツ植栽木の管理
(2)森林域の別荘地におけるカラマツの管理と課題
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248194
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat