カラマツ種苗の安定供給のための技術開発

カラマツ種苗の安定供給のための技術開発

県名山梨県
研究機関名山梨県森林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28-32
年度2017
概要 木材として利用可能な時期を迎えつつある県内のカラマツ人工林について、今後、県産材として活用及び持続的森林経営の推進を図るため、伐採後の再造林を確実とする安定的な種子の確保と苗木生産量の増産技術の検討を目的とする。
研究分担育林・育種科
予算区分国費(農水省)
業績(1)山梨県におけるカラマツ種子・苗木生産の取り組みについて
(2)環状剥皮したカラマツ採種木の着花促進について
(3)明るさ等の採種園環境に対するカラマツの着果性のクローン間変異
(4)カラマツ種苗の安定供給のための技術開発
(5)カラマツ種子の成熟時期の植栽地間および年次間変異
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat