無人航空機による樹園地の超省力・精密生産管理システムの開発

無人航空機による樹園地の超省力・精密生産管理システムの開発

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所果樹研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要目的:樹園地における無人航空機の利用技術を確立し、樹園地における農作業の省力・軽労働・低コスト化、かつ生産性を高める精密生産管理技術を開発する。
成果:カンキツ防除に有効な無人ヘリの散布飛行ルートを明らかにした。固形肥料を無人ヘリ散布し、散布均一性や肥効確認を行った。空撮画像によりカンキツ着花量を推定するアルゴリズムを作成した。
研究分担生産環境科
栽培育種科
予算区分県単
業績(1)産業用無人ヘリコプターを活用したカンキツの薬剤散布法の検討 (1)殺ダニ剤の散布濃度と被覆面積率が効果に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248523
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat