CTC製法を利用した食品・飲料原料用に特化した緑茶の開発

CTC製法を利用した食品・飲料原料用に特化した緑茶の開発

県名静岡県
研究機関名静岡県工業技術研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~29
年度2017
概要ペットボトル用や茶エキスパウダー、インスタントティー等の食品及び飲料加工用の緑茶原料へのニーズは高まっているが、従来からの製造方法では、煎茶の場合と同様な製造工程を経てパウダー化されるため、工程が煩雑で製造コストも高く、商品価格は高価である。そこでCTC製法導入による新規加工方法開発や流通形態の改良等によって、食品・飲料加工用に特化し、低価格化を図った緑茶原材料を開発する。
研究分担食品科
予算区分受託(財団)
業績(1)CTC製法を利用した食品・飲料原料用に特化した緑茶の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat