めす優良肥育和牛を活用した県内産優良和牛還元モデルの開発

めす優良肥育和牛を活用した県内産優良和牛還元モデルの開発

県名三重県
研究機関名三重県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~29
年度2017
概要めす肥育和牛(基本登録取得)の卵巣由来卵子を凍結し、その肥育和牛の肉質判明後に凍結卵子から体外胚を発生させ、再度凍結保存し、市場ニーズに対応した体外胚(受精卵)生産を行う技術を開発する。
研究分担
家畜改良繁殖研究課
予算区分県単
業績(1)卵子の凍結方法の検討
(2)ガラス化凍結卵子由来産子の発育調査
(3)めす優良肥育和牛による県内産優良和牛還元モデル
(4)ウシ体外受精における卵丘細胞付着成熟卵子の添加が裸化後ガラス化した成熟卵子の胚発生に及ぼす効果
(5)Embryogenesis of vitrified mature bovine oocytes is improved in the presence of multi-layered cumulus cell
(6)ウシ卵子の凍結保存方法ならび本手法による肉質情報を利用した育種改良手法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030248979
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat