水稲・麦類作況調査および麦・大豆等適応性検定事業

水稲・麦類作況調査および麦・大豆等適応性検定事業

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S27~
年度2017
概要目的:
気象が水稲・麦類の生育・収量に及ぼす影響を調査する。
麦類の品種選定では、収量性が高く安定した早熟品種の中から加工適性を考慮して選定する。
大豆の品種選定では、広域適応性があり、収量性が高く、機械作業適性や密播適性を兼ね備え、かつ豆腐加工適性の高い品種・系統を選抜する。

研究分担栽培研究部
作物・原種係
予算区分県単
業績(1)早生・多収で加工適性に優れた小麦新品種「びわほなみ」を奨励品種候補として選定
(2)難裂莢性大豆新品種「ことゆたかA1号」を奨励品種候補として選定
(3)平成28年産水稲の生育概況と平成29年産に向けた取り組み
(4)多収で品質に優れた日本めん用小麦「中国165号」
(5)滋賀県における生産安定、品質向上と優良品種の導入について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat