オーチャードグラス系統適応性検定試験

オーチャードグラス系統適応性検定試験

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要目的:農研機構畜産研究部門で育成されたオーチャードグラス系統について、温暖地での栽培適性を明らかにするために系統適応性評価を行い、品種候補の基礎資料に資する。
成果:「那系30号」および「那系32号」の生草収量および乾物収量は、標準品種の「アキミドリⅡ」と同程度であり、「那系31号」の1番草の生草収量は、標準品種の「アキミドリⅡ」より多かったが、越夏性が劣っていたため、生草収量および乾物収量は、2番草および合計収量において少ない結果となった。
研究分担酪農・飼料係
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249093
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat