外来魚駆除対策研究 3.外来魚駆除効果の評価

外来魚駆除対策研究 3.外来魚駆除効果の評価

県名滋賀県
研究機関名滋賀県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16~29
年度2017
概要[目的]コホート解析による年度当初時点の外来魚生息量推定および余剰生産モデルによる将来予測のためのデータ収集と分析を行う。
[成果]琵琶湖における平成28年度までの各年度当初の外来魚生息量(オオクチバス・ブルーギル)を推定した。この結果、平成25年に988トンにいたるまで減少傾向にあった生息量が、平成26年に1,188トンに増加して以降横ばいに推移し、平成28年には1,131トンと推定された。

研究分担漁場保全係
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249120
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat