栽培漁業技術開発事業

栽培漁業技術開発事業

県名大阪府
研究機関名地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22~
年度2017
概要大阪府では種苗放流による資源の回復・増大に取り組んでおり、平成27年からは第7次栽培漁業基本計画に沿って、5魚種の放流を計画している。この内、トラフグ・アカガイについては第7次計画から新たに放流する魚種であり、放流効果の把握を行う。キジハタについては種苗生産上の問題点(安定化・形態異常)の解決と10万尾放流の影響を調べる。マコガレイについては標識方法の改良と放流効果の検出を行う。
研究分担水産研究部 水産支援G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249357
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat