ブドウ優良品種の省力安定生産技術の確立

ブドウ優良品種の省力安定生産技術の確立

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H29~31
年度2017
概要目的:ブドウの新梢伸長抑制剤等の使用による管理作業の省力化と品質向上効果を検討する。また、房づくり法を検討し、短期間に労力が集中する花穂整形や摘粒等の結実管理を省力化する。さらに、近年の降水量の変動に対応するため、現場で導入しやすいかん水手法、効果的なかん水技術を確立し、高品質果の安定生産を図る。
成果:新梢伸長抑制剤の効果が認められた。夕刻の灌水により果実品質が向上した。
研究分担農業技術センター農産園芸部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249414
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat