但馬牛肥育牛の第一胃内環境を安定化させる飼料給与技術の開発

但馬牛肥育牛の第一胃内環境を安定化させる飼料給与技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県立農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2017
概要目的:但馬牛肥育牛の第一胃内環境を安定化させるための飼料内容および給与方法を検討し、飼料効率を向上させる飼料給与技術を確立する。
成果等:①粗飼料給与割合の高い農家は低い農家に比べて、肥育中期以降の濃厚飼料摂取量が多く、枝肉重量が重い ②肥育前期の飼料中中性デタージェント繊維(NDF)割合は中程度以上とすることで第一胃内環境が安定化 ③濃厚飼料給与の前に粗飼料を給与する方法では第一胃内pHの回復が大きかった。
研究分担畜産技術センター家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249437
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat