育種素材の調査事業 ②果樹の新規育成系統の特性調査

育種素材の調査事業 ②果樹の新規育成系統の特性調査

県名奈良県
研究機関名奈良県農業研究開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S21~
年度2017
概要[目的]国立研究機関において育成された品種の栽培による品種特性および地域適応性調査・優良系統の選定
[方法]カキは3系統、ブドウは1系統、カキわい性台木は4品種を調査した。
[結果]カキは着果が少ないため継続検討する。ブドウは試験を終了した。わい性台木は定植2年目の樹高を対照のヤマガキと比較したところ、‘静カ台1号’では差が認められず、‘MKR1’、‘静カ台2号’‘豊楽台’は低くなった。
研究分担育種科(果樹栽培)
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249552
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat