要求性能に応じた木材を提供するため、国産大径材丸太の強度から建築部材の強度を予測する技術の開発 (共同:先導プロジェクト) [国立研究開発法人森林総合研究所]

要求性能に応じた木材を提供するため、国産大径材丸太の強度から建築部材の強度を予測する技術の開発 (共同:先導プロジェクト) [国立研究開発法人森林総合研究所]

県名奈良県
研究機関名奈良県森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H28~32)
年度2017
概要○目的:我が国の人工林は高齢級化が進み大径材の供給が増加しつつあるが、大径材は強度等の品質のばらつきが大きいことや安定供給への懸念などから需用者に敬遠され価格が低迷している。そこで本研究では、大径材から、梁・桁材や枠組壁工法用部材を効率よく生産するための乾燥技術を開発する。
○計画:スギ心去り平角や枠組壁工法用部材などを対象に蒸気・高周波複合乾燥試験を行う。高周波加熱による乾燥時間の短縮効果を明らかにするとともに、それら部材に対する適切な乾燥処理条件、高周波印加条件を初期含水率ごとに検討する。
○期待される成果:大径材の利用拡大につながる生産技術情報を提供する
○成果の受け渡し先:製材業、木材加工業等
研究分担木材利用課
予算区分受託研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249595
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat