豚肉の食味に対する科学的評価法に関する研究 1)肉質の異なる豚肉作出と分析型官能評価と理化学的測定値の関係解析 2)豚肉の理化学的特性と消費者嗜好の関係解明 3)光学肉質評価技術と先端技術の応用

豚肉の食味に対する科学的評価法に関する研究 1)肉質の異なる豚肉作出と分析型官能評価と理化学的測定値の関係解析 2)豚肉の理化学的特性と消費者嗜好の関係解明 3)光学肉質評価技術と先端技術の応用

県名和歌山県
研究機関名和歌山県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2017
概要【目的】肉質の異なる豚肉を作出し、豚肉の分析型官能評価と理化学分析値の関係を明らかにし、さらに、豚肉に対する光学評価技術を開発することで、消費者により選ばれる国産豚肉の客観的評価指標や評価方法を開発する。
【得られた成果】アミノ酸バランス法や油脂の飼料添加により肉質の異なる豚肉を飼料や品種の変更により作出し、官能評価に提供した。また、理化学測定値と官能評価値の解析を実施した。
研究分担生産環境部
予算区分受託(農水省)
業績(1)肥育用エコフィードによる豚肉の脂肪質改善-炭水化物とチョコレートの活用-
(2)アミノ酸バランス法を用いた飼料による豚の脂肪交雑向上技術豚肉の特性
(3)高塩分のソウメンを活用したアミノ酸バランス法の適用が肥育豚の発育、血清成分、肉質と官能特性に及ぼす影響
(4)肥育豚へのアミノ酸バランス法をとった高タンパク質飼料給与が日増体量、肉質、官能特性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249677
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat