霜降り豚肉とイノブタ肉のエコフィードによる高品質安定生産技術の開発 1)アミノ酸、脂肪酸組成等が肉質に及ぼす影響 2)効率的な霜降り豚肉とイノブタ肉生産技術の実証 3)1)で生産された豚肉の肉質評価

霜降り豚肉とイノブタ肉のエコフィードによる高品質安定生産技術の開発 1)アミノ酸、脂肪酸組成等が肉質に及ぼす影響 2)効率的な霜降り豚肉とイノブタ肉生産技術の実証 3)1)で生産された豚肉の肉質評価

県名和歌山県
研究機関名和歌山県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要【目的】県内で使用されているエコフィードの特性を調査し、各種アミノ酸や脂肪酸などが豚肉の霜降り向上に及ぼす影響について解明し、霜降り豚肉の生産技術を改良普及する。
【得られた成果】豚の筋肉内脂肪の増加に関与する飼料中のリジン以外のアミノ酸を明らかにするために肥育試験を実施した。
研究分担研究部・地域技術グループ
予算区分県単
業績(1)肥育用エコフィードによる豚肉の脂肪質改善-炭水化物とチョコレートの活用-
(2)アミノ酸バランス法を用いた飼料による豚の脂肪交雑向上技術豚肉の特性
(3)高塩分のソウメンを活用したアミノ酸バランス法の適用が肥育豚の発育、血清成分、肉質と官能特性に及ぼす影響
(4)肥育豚へのアミノ酸バランス法をとった高タンパク質飼料給与が日増体量、肉質、官能特性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249678
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat