水田営農の収益性を向上させる経営改善手法の確立

水田営農の収益性を向上させる経営改善手法の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2017
概要目的:作業の効率化、水稲の直播栽培、転作作物等において優良な生産実績を上げている経営体の実態を調査し、他の経営体の参考になる経営モデルを作成する。
成果:線形計画法に活用するための水田作物の部門経営モデルを作成した。モデルの骨格は単位面積あたり粗収益、変動費、時期別作業労働時間より成り、パソコンによる線形計画に活用できるよう、営農計画策定支援システム‘Z-BFM’の経営指標編集画面に合わせて数値を整理した。
研究分担作物研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249715
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat