飼料米を活用した鳥取和牛ブランド向上試験

飼料米を活用した鳥取和牛ブランド向上試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H27~29
年度2017
概要目的:飼料米利用の推進を図る上で、飼料米のソフトグレインサイレージ(SGS)が黒毛和種去勢肥育牛への給与が飼料摂取量、発育及び枝肉形質に与える影響について検討し、給与マニュアルを作成する。本試験は株式会社美歎牧場より委託を受け実施している。
成果:本試験の給与計画によるSGSの給与では、枝肉形質等への悪影響はなく、この給与体系で問題がないことが判明し、株式会社美歎牧場に報告した。
研究分担肉用牛研究室
予算区分受託
(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249746
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat