機能性成分に着目したオリジナル野菜新系統の作出と栽培方法の確立

機能性成分に着目したオリジナル野菜新系統の作出と栽培方法の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2017
概要目的:11月から収穫可能な極早生系を育成し、機能性成分の含有量や花芽分化時期等、生理生態的特徴の解明を図り、安定生産のための栽培方法を確立する。
成果:‘あすっこ’極早生系統の播種時期と栽植密度による収量差を確認した。葉の利用に適した有望系統を選抜した。低温処理による花芽分化促進効果を確認した。
研究分担資源環境研究部 特産開発科
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249820
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat