ナシ新品種の育成

ナシ新品種の育成

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継S56~
年度2017
概要1.「晴香(岡山PER1号)」の生育、果実品質
 既存品種との比較を継続検討した結果、本品種は対照品種である「豊水」及び「あきづき」より糖度は低かったが、みつ症及びコルク状果肉褐変症の発生は少なく、本年の気象条件下でも、登録申請時の性質とほぼ同様の生育、果実品質であった。
2.果形を重視した仕上げ摘果の検討
 前年の結果、幼果時に溝の少ない果実は成熟時にも溝が小さく、いびつになりにくいことが明らかとなった。本年は、溝の発生程度の小さい果実を残す摘果の実証を行った。その結果、通常の摘果より比較的形状の良い果実が生産できることが明らかとなった。
3.香りの特徴の把握
 においかぎ装置付GC/MSにより、本品種の香りの特徴を具体的に表現できる可能性が示されたため、昨年に引き続き、検討した。その結果、「晴香」は、対照品種より、アルコール香に加え、「フルーティー」あるいは「甘い」香りが「あきづき」や「豊水」と比較しても、より強い傾向があることが示された。

研究分担果樹研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat