天敵利用による露地ナスの害虫病除体系の確立

天敵利用による露地ナスの害虫病除体系の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要県南部のナス産地において、ミナミキイロアザミウマは薬剤感受性の低下により防除効果が低下し、今後、化学合成農薬のみに頼った防除は難しくなると予想される。これまでに、促成ナスでは天敵を利用した体系防除を確立したが、露地ナスでは未確立であり、依然、化学合成農薬に頼った防除対策が中心となっている。そこで、露地ナスにおいて天敵を利用した安定的かつ効果的な害虫総合防除体系を確立する。①ミナミキイロアザミウマに対する有効薬剤及び害虫防除薬剤の天敵への影響を明らかにした。②露地ナスにおえる天敵及び害虫の発生消長を明らかにした。③露地ナスにおえる土着天敵のミナミキイロアザミウマに対する防除効果を明らかにした。④天敵温存植物の効果とその利用方法を明らかにした。
研究分担病虫研究室
予算区分国庫補助(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030249971
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat