持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発 中国地方におけるトマト地上部病害虫の新防除体系の実証

持続可能な農業生産のための新たな総合的植物保護技術の開発 中国地方におけるトマト地上部病害虫の新防除体系の実証

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2017
概要夏秋トマト作型でタバコカスミカメ利用技術、天敵温存植物等利用技術、AG剤を組合せた体系化実証を実施し、AG剤とタバコカスミカメの導入による防除コストと労賃低減効果に基づいて経営評価を行った。
研究分担生産環境研究部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)アセチル化グリセリド(ベミデタッチ®乳剤)の散布によるトマト施設でのタバココナジラミと着色異常果の抑制効果
(2)ピリフルキナゾン水和剤散布がトマトのタバコカスミカメ個体数に与える影響
(3)忌避剤アセチル化グリセリドと天敵タバコカスミカメの併用による夏秋トマト栽培でのオンシツコナジラミ防除効果の実証
(4)トマト施設でのプロヒドロジャスモン液剤散布がミカンキイロアザミウマの寄生に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250056
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat