ソルガム類及びイタリアンライグラスの品種比較試験

ソルガム類及びイタリアンライグラスの品種比較試験

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12~
年度2017
概要目的:本県に適するソルガム類、イタリアンライグラスの生育、収量特性について比較検討し、県奨励品種選定に当たっての基礎資料とともに、農家における奨励品種作付拡大を推進するための指導用基礎資料とする。
成果:①イタリアンライグラスの収量調査では、早生では、合計乾物量において「ゼロワン」、「きららワセ」が有意に高かった。②ソルガム類の収量調査では、タイプ別にみると、スーダン型では「九州3号」が有意に多収であった。他のタイプでは、品種間に乾物収量の差はなかった。また、28年度は、スーダングラスの乾物収量が例年に比べかなり低かった。
研究分担放牧環境研究室
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250170
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat