抵抗性クロマツの植栽後管理と資質向上に関する研究

抵抗性クロマツの植栽後管理と資質向上に関する研究

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~32
年度2017
概要目的:海岸林の防災・減災機能強化のため植栽後の低クロマツの現状を調査するとともに植栽地を適正に維持するための管理手法を開発
成果等:県内海岸林を調査した結果、被害木の防除を実施すると枯死率が抑制され、抵抗性の強い品種が多く残ることが確認された。
研究分担林業研究室
予算区分都道府県単
業績(1)マツ材線虫病被害進行地における抵抗性クロマツ品種植栽林の遺伝的構成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250176
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat