飼料用稲の有効活用及び和牛繁殖牛の生産性向上による阿波牛ブランド競争力強化 

飼料用稲の有効活用及び和牛繁殖牛の生産性向上による阿波牛ブランド競争力強化 

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター畜産研究課
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~30
年度2017
概要耕畜連携で生産された県産稲発酵粗飼料(wcs)の有効活用と機能成分や繁殖機能に与える影響を検討する。WCSは、イタリアンライグラスストロー、チモシーと比較してβカロチン及びαートロフェロールが多く含まれていた。WCS給与牛の血中βカロチン濃度は高く、給与が繁殖機能を促進させることが期待できる。
研究分担酪農・肉牛
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250322
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat