オリーブ炭疽病感受性簡易検定法の開発 2着果量と発病の関係調査

オリーブ炭疽病感受性簡易検定法の開発 2着果量と発病の関係調査

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H29
年度2017
概要目的:県オリジナル品種や、その他導入品種の炭疽病に対する感受性を早期に評価するための方法を開発する。
成果:接種の有無にかかわらず、着果が多い樹は発病度が低く、少ない樹は高い傾向が見られた。
研究分担小豆オリーブ研究所
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat