次世代さぬきうどん用小麦と温暖化対応水稲品種の開発 2温暖化対応型水稲早生品種の育成  1)高温登熟性有望系統の選抜

次世代さぬきうどん用小麦と温暖化対応水稲品種の開発 2温暖化対応型水稲早生品種の育成  1)高温登熟性有望系統の選抜

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H28~H32
年度2017
概要目的:さぬきうどん用小麦「さぬきの夢2009」の優れた特徴を維持しつつ、製粉性やグルテンを強化した後継品種を開発する。また、温暖化に対応した高温登熟性に優れる水稲品種を育成する。
成果:県育成有望系統(中生3系統、早生23系統)と比較品種(中生5品種、早生5品系)を供試し、早植えによる試験を行い、登熟温度、整粒率及び検査等級を比較検討した。その結果、早生では「香系20号」、「香系22号」、「271-51」、「318-59」が、中生では「香系17号」と「318-89」が高温登熟性に優れていると判断された。
研究分担作物・特作部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250461
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat