第二世代マツノザイセンチュウ抵抗性マツの開発

第二世代マツノザイセンチュウ抵抗性マツの開発

県名香川県
研究機関名香川県森林センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H25〜H37
年度2017
概要目的:現在の第一世代抵抗性マツより抵抗性の高い品種を開発する。
成果:接種検定で抵抗性が高いとされた第一世代抵抗性アカマツを人工交配で種子を生産し、森林総合研究所において抵抗性の検定が行われた結果、平成29年3月に第二世代抵抗性アカマツ優良品種「香美9号」として品種登録された。また、クロマツについても、第二世代抵抗性クロマツの開発を行うため、平成29年度から県内候補木の採種・育苗を行っているところである。
研究分担森林センター
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250566
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat