県産米加工生産技術開発事業(飼料用米利用による乳牛の低コスト飼養技術)

県産米加工生産技術開発事業(飼料用米利用による乳牛の低コスト飼養技術)

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所畜産研究センター・養鶏研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H27~
29
年度2017
概要概要:県が開発した新しい米の品種の飼料利用を促進するため、SGS調製等の検討及びトウモロコシの代替技術を検討し、乳牛での利用技術を開発する。
成果:籾米サイレージは、乳酸菌の添加により貯蔵日数120日でも良好な発酵品質であった。また、乳酸菌の添加により、良好な発酵品質を確保、開封後の2次発酵を抑制することができた。
研究分担経営室、飼養技術室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat