光照射および抵抗性誘導剤処理による県主要作物の病害防除技術の開発

光照射および抵抗性誘導剤処理による県主要作物の病害防除技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要目的:これまでにイチゴ等の作物で病害防除効果が報告されている、近紫外線および緑色光の照射並びに抵抗性誘導剤の散布について、本県主要作物の病害に対する防除効果を明らかにするとともに、防除効果が認められる場合には効果的な処理技術を開発する。
成果:プロベナゾール水和剤の500倍希釈液、イソチアニル水和剤の500倍希釈液、アシベンゾラルSメチル顆粒水和剤の,000倍希釈液、チアジニル水和剤の500倍希釈液を土壌灌注すると薬害が発生しやすいことが明らかとなった。
研究分担病理
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250724
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat