県内で単離した乳酸菌を用いた商品開発

県内で単離した乳酸菌を用いた商品開発

県名高知県
研究機関名高知県工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H28~29
年度2017
概要目的:平成25年度から『県産素材を用いた発酵食品の開発』に取り組んでいる。酢酸菌、酵母に関しては一定の要望に回答したが、乳酸菌に関しては、応用範囲は発酵乳だけでなく、発酵茶、ペットや家畜のプロバイオティクス製剤、食品廃棄物処理、植物発酵液の化粧品への利用など広範囲にわたるため、充分に試験し尽くしたとは言えない状況である。そこで、農学部が県産材料から単離した優良乳酸菌の新たな利活用を試みる。
成果:小スケールでの発酵試験を継続しているが、結果が安定しない。総合力に勝る1株を選抜し、基本的な発酵マニュアルは完成した。データの蓄積は進んでいる。未着手。菌体を培養する手間を無くすため、豆乳発酵物を添加する方法に切り替えた。
研究分担食品開発課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250807
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat