2 麦の高品質安定栽培技術 1)麦類の増産に向けた多収品種の安定栽培法および低反収田の改善技術の確立

2 麦の高品質安定栽培技術 1)麦類の増産に向けた多収品種の安定栽培法および低反収田の改善技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~31
年度2017
概要目的:大麦「はるか二条」の施肥体系を構築し、安定栽培法を確立するために施肥窒素の吸収実態を明らかにする。
成果:29年度は湿害の発生時期と窒素吸収量の関係について検討し、生育初期の湿害は窒素吸収を阻害したが、生育後期の湿害は窒素吸収を阻害しなかったことを明らかにした。
研究分担生産環境部(環境保全チーム)
豊前分場
農産部
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250821
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat