3 暑熱期における牛繁殖性向上技術の確立 3)子宮内免疫反応制御による牛性選別精液人工授精技術の確立

3 暑熱期における牛繁殖性向上技術の確立 3)子宮内免疫反応制御による牛性選別精液人工授精技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継28~30
年度2017
概要目的:性選別精液の受胎率向上のため、深部注入器を用いて人工授精体系の中でカフェインを添加した精液注入液(精液押し出し液)の受胎率向上効果を検証する。
成果:カフェインを添加して人工授精を行うと精子の運動性を低下させることなく人工授精後の子宮内白血球数増加を抑制できることが明らかとなった。
研究分担畜産部
(大家畜チーム)
予算区分受託
(文科省)
業績(1)体外受精胚を活用した長期不受胎牛の繁殖性改善の試み
(2)レスベラトロール処理が凍結融解後の胚品質とミトコンドリアDNAコピー数に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat