2 カキの鮮度保持技術の開発 1)「秋王」のブランド化を支援するための品質保持技術の開発

2 カキの鮮度保持技術の開発 1)「秋王」のブランド化を支援するための品質保持技術の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農林業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継28~30
年度2017
概要目的:本県育成のカキ品種「秋王」の収穫期間は10月下旬から11月中旬に集中しており、短期貯蔵の開発により販売期間の延長を図る。また、新たな需要に対応するため、カット果実としての加工技術を開発する。
成果:「秋王」の貯蔵に適するガス濃度を明らかにした。変色や微生物制御に必要なカット「秋王」の加工条件について明らかにした。
研究分担流通・加工部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250891
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat