「土着天敵と天敵製剤の複合的生物防除」による果樹の持続的ハダニ防除体系の確立

「土着天敵と天敵製剤の複合的生物防除」による果樹の持続的ハダニ防除体系の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県上場営農センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~H30
年度2017
概要目的:薬剤抵抗性問題を抱える慣行の「殺ダニ剤を中心としたハダニ防除体系」に代わり、天敵製剤と殺ダニ剤を複合的に、あるいは適材適所で利用することで、一般生産者が取り組みやすい実用性に優れた「天敵を主体とするハダニ防除体系」をハウスミカン栽培で確立する。

成果:殺ダニ剤がスワルスキーカブリダニの卵に対する農薬の影響を16剤で検討し、ダニサラバフロアブルやダーズバンDF名護が影響なしに分類された。
研究分担畜産・果樹研究担当
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030250983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat