ハウスミカンにおける太陽熱を活用した重油ゼロ加温システムの確立

ハウスミカンにおける太陽熱を活用した重油ゼロ加温システムの確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H27~29
年度2017
概要目的:ハウスミカン栽培における重油加温機の代替としてヒートポンプおよび太陽熱温水循環システム利用について技術を確立する。

成果:1~2月の太陽熱利用によって晴天時で約60℃、曇天時で約30℃の水温となった。また、ヒートポンプとの複合利用による省エネ効果を検証している。
研究分担常緑果樹研究担当
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251038
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat