九州地域をモデルとした茶の高付加価値化による需要拡大のための生産体系の実証

九州地域をモデルとした茶の高付加価値化による需要拡大のための生産体系の実証

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要国内外での需要拡大のために高品質なティーバッグ緑茶の加工技術を開発する。そのためにドラム式萎凋機を緑茶用に試作し、既存の新製茶ハイブリッドラインと蒸し製玉緑茶製造ラインに組み込むことで、香の強いティーバッグ用緑茶の生産技術を確立する。
研究分担茶業
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251122
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat