産地間競争に打ち勝つオリジナル品種の開発と地域適応性

産地間競争に打ち勝つオリジナル品種の開発と地域適応性

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21~継続
年度2017
概要目的:本県主要野菜のイチゴ、ナスの品質、生産性、独自性をより向上させた品種の開発を行うとともに地域適応性について検討する。
成果:ナスは、ヒゴムラサキの改良系となる新品種「熊本VE02」を開発。H30年1月30日に「ヒゴムラサキ2号」として品種登録された。イチゴでは実生選抜、系統選抜等を実施中。
研究分担農産園芸研究所 野菜研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251260
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat