次世代バンカー資材キットによるアブラムシ類基盤的防除技術の実証・普及

次世代バンカー資材キットによるアブラムシ類基盤的防除技術の実証・普及

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~H30
年度2017
概要目的:ピーマンのネオニコチノイド剤抵抗性ワタアブラムシを対象に、まずマミー製剤の連続放飼法を、さらには新たに開発された次世代型バンカー資材も用いた手法によって、有効性を検証することを目的とする。先行研究においては、イチゴでマミー製剤の連続放飼法の有効性が確認されているため、併せて本県の施設イチゴで汎用性があるか実証試験を行う。
成果:
①ピーマンでネオニコチノイド系薬剤抵抗性ワタアブラムシを対象に次世代バンカー法による防除を実施したところ、防除効果が確認された。
②施設栽培のイチゴでの次世代バンカー法のワタアブラムシの防除効果は慣行防除と同程度であった。
研究分担病害虫対策チーム
予算区分受託(国立研究開発法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251409
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat