Ⅱ ブランド化のための技術開発  7 温暖化に対応したカンキツの品種選定及び栽培技術の確立

Ⅱ ブランド化のための技術開発  7 温暖化に対応したカンキツの品種選定及び栽培技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H26~30
年度2017
概要目的:近年、温暖化による浮皮果、日焼け果、着色遅延、低糖大玉果の発生など、温州ミカンの品質低下が問題になっている。そこで、国や他県育成の温暖化対応品種の本県での特性を把握し、導入品種を選定する。

成果:若木の品種特性を明らかにするとともに、温暖化による日焼け果の防止対策に取り組んでいる。
研究分担温州ミカンT
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251441
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat