機能性成分分析の高度迅速化による農産物における機能性表示食品商品化の加速

機能性成分分析の高度迅速化による農産物における機能性表示食品商品化の加速

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要 加工用ほうれん草のルテイン及び緑茶のカテキン類の迅速分析について、前処理工程で重要な試料の粉砕法の検討を行うとともに、LC-MS/MSの分析条件(移動相、注入量、イオン化法)の最適化を行った。
研究分担生産流通部
予算区分受託
(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030251526
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat