先進技術を活用した総合的病害虫・雑草管理技術体系の確立 1)IPM実践指標に向けたマンゴー害虫の生態および防除に関する試験

先進技術を活用した総合的病害虫・雑草管理技術体系の確立 1)IPM実践指標に向けたマンゴー害虫の生態および防除に関する試験

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H27-29
年度2017
概要目的:マンゴーにおけるIPM実践指標の作成を目的に、チャノキイロアザミウマの生態と防除に関する試験を行う。
成果:天敵製剤スワルスキーカブリダニの定着とチャノキイロアザミウマに対する防除効果を安定させるために、スワルスキーカブリダニの複数の放飼方法を検討し、バンカーシートが定着に優れているがパック製剤でもほぼ同等の防除効果を得られることを明らかにした。また、チャノキイロアザミウマに対する各種薬剤の効果について検討した結果、効果の高い薬剤が15剤中わずか4剤と非常に少ないことを明らかにした。
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分国庫補助(農水省)
業績(1)沖縄県のマンゴー上に発生するチャノキイロアザミウマ Scirtothrips dorsalis C系統に対する各種薬剤の効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030252011
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat