うちなー島ヤサイ商品化支援技術開発事業 2.島ヤサイの特性解明 (1)収集品目の特性解明

うちなー島ヤサイ商品化支援技術開発事業 2.島ヤサイの特性解明 (1)収集品目の特性解明

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H24~29
年度2017
概要目的:島ヤサイの販売戦略や商品化を進める上で不可欠な品目・系統別の生育特性(生育、品質、収量性など)、食味、機能性が明らかにされていない。そこで、県内各地から収集した品目・系統の特性調査を行う。
成果:在来のネギは太い系統と細い系統の2種類がある。太い系統は、休眠せず周年栽培が可能であり、細い系統は、夏季に休眠するタイプと非休眠のタイプがあることを明らかにした。
研究分担野菜花き班
予算区分国庫補助
(内閣府)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030252047
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat