健康を増進する機能性表示へちま、からし菜等の開発

健康を増進する機能性表示へちま、からし菜等の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H28~32
年度2017
概要目的:へちまの施設栽培における安定生産技術開発、からし菜等のアブラナ科野菜について機能性成分含量が高い系統・品種の選抜する。
成果:へちまのクロマルハナバチ受粉は、人工受粉と比較して省力化が図られ、天敵を利用することにより費用対効果が高まった。現地試験でも同様の結果であった。からし菜の機能性成分は高温期および無遮光栽培で高かった。
研究分担野菜花き班
予算区分受託
(農水省)

パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030252053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat