施設を利用したオクラの早期出荷技術の確立

施設を利用したオクラの早期出荷技術の確立

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H29~31
年度2017
概要目的:オクラは本県野菜の主力品目の1つで、端境期である春先からの早期出荷が求められている。そこで本試験では、施設を利用した早期出荷に適した品種、仕立法を明らかにする。
成果:6品種を比較した結果、収量及び可販率の高い2品種を選定した。
研究分担野菜花き班
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030252054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat